こどものけいれんについて

どんな病気がありますか?

 生後6ヵ月から5歳頃の乳幼児では、発熱時に「熱性けいれん」を認めることがあります。胃腸炎による下痢のときは、熱が無くても「けいれん」がみられることがあります。
発熱・年齢に関係なく発症する「てんかん」では、けいれん発作が繰り返してみられます。

けいれんを起こしたときはどうしたらよいですか?

 けいれんはほとんどの場合自然に止まります。普通5分以内に止まるけいれんなら心配はいりません。
<けいれんが起きたら・・・家庭での応急処置>
 (1)まずは落ち着いてください。
 (2)絶対にからだをゆすらないでください。
 (3)静かに安全な場所へ寝かせます。
 (4)衣類をゆるめ楽にします。呼吸の状態や手足の動きを観察し、けいれんの時間をみてください。熱性けいれんなら左右対称のけいれんです。
 (5)吐きそうな時は、吐いたものがのどにつまらないように顔を横に向けてください。
※舌を噛(か)む事はないので、口の中に割り箸やタオルを入れないで下さい。
 (6)はじめてひきつけを起こしたときは必ず受診しましょう。

急いで病院へ行ったほうがいいのはどういう時ですか?

次のような症状の時は、急いで病院へ行ってください。
 ・熱を伴わないけいれん
 ・10分間以上続くけいれん
 ・左右対称でないけいれん
 ・意識がはっきりしないけいれん
 ・1日に2回以上けいれんが起こるとき

こどものぜん息について

どんな病気ですか?

 ぜん息とは、空気のとおり道である気管支の一部が狭くなって、息が苦しくなる状態(発作)が、繰り返し起こる病気です。せきこむような症状と、息をはくときに「ゼーゼー」。「ヒューヒュー」といった音が聞こえるようになります。気管支の粘膜が腫れ、気管支の中に痰が増えてきます。このような苦しい発作が繰り返し起きるので、長期にわたる治療が必要な慢性の病気です。

発作がおきたらどうしたらよいですか?

 楽な姿勢をとらせ、水分を飲ませます。ゆっくり腹式呼吸をさせて、たんを出させます。
発作を止める薬をもらっている場合は使用します。発作がなかなか良くならない場合は医療機関を受診しましょう。呼吸が非常に苦しい時や、顔色が非常に悪い時はすぐに病院へ行きましょう。(歩かせず、抱いたりおぶったりして車に乗せましょう。)

どのように治療しますか?

 ぜん息は、長期にわたる治療が必要な慢性の病気です。治療の基本は、ぜん息の発作を予防する「発作ゼロ」作戦です。発作を起こさないように予防する薬(長期管理薬)と、発作がおきた時にしずめる薬(発作治療薬)をくみあわせて治療を行います。
当院では2005年に発表された「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2005」にもとづいて、こどもさんひとりひとりに最適の治療をこころがけていきます。

ぜん息についてさらに知りたい人はこちらをご覧ください。

予約専用電話
TEL:0570-048-925
(コンテンツ番号:8115)

インターネット予約はコチラから

てらだ小児科
〒663-8126
西宮市小松北町1丁目1-27
エムプラン小松ビル2F
コープこうべ西宮東店北向い
TEL:0798-41-8115
FAX:0798-41-8154

アクセスマップ